当サイトはPRを含みます。

こんな方に
バーチャルオフィスはおすすめ!

バーチャルオフィスで登記する法人・個人事業主や、バーチャルオフィスをネットショップ運営者の住所として公開する人が増えています。

オフィスを持たずに格安料金で法人登記、住所レンタルができるというのは、テレワーク推進や副業解禁といった時代のニーズに合っているからでしょう。

使ってみればその便利さが分かるバーチャルオフィスを試してみませんか。

ここでは、東京の一等地に法人登記・住所借りができる優良バーチャルオフィスを比較紹介します。

これから法人を
立ち上げる
自宅以外の住所を
使って副業したい
事務所の家賃代を
削減したい
東京の人気エリアに
住所を持ちたい

東京バーチャルオフィス比較

東京のバーチャルオフィスで法人登記の費用が安い順にランキングしました。
その他の費用やサービス内容も比較して最適なバーチャルオフィスをお選びください。

123456789
名称バーチャルオフィス1レゾナンスMETSバーチャルオフィスDMMバーチャルオフィスGMOオフィスサポートNAWABARIユナイテッドオフィスKarigoワンストップビジネスセンター
特徴シンプルで明瞭な価格体系のバーチャルオフィスです。法人登記・郵便物月4回転送セット月額880円が人気です。 法人設立の登記申請がワンストップで可能。収入印紙代も不要で最安登記。4つの法人銀行も紹介してもらえます。 全拠点を自社ビルで運用する安心オフィス。低料金で高品質サービスが人気で会社設立サポートも充実しています。 東京をはじめ全国にバーチャルオフィスを展開しています。業界初のAI秘書自動応答サービスで電話応対もOKです。 法人・個人事業主・フリーランス10,000ユーザーを突破。上場グループ会社が運営で安心感で選ぶならGMOオフィス。 最低利用が1ヶ月から可能でバーチャルオフィスを試してみたい方におすすめ。ネットショップ運営者にも大人気です。 都内14箇所の都心一等地に特化したバーチャルオフィス。創業20周年の信頼性と高機能サービスが支持される理由です。 全国60拠点から住所が選べる2006年創業の老舗バーチャルオフィス。豊富なサポートでビジネスを支援してくれます。 全国に40店舗以上を展開・累計契約者も2万超の大手バーチャルオフィス。サービスの充実度で選ぶなら間違いなし。
月額料金880円550円~1,650円270円~1,540円660円~2,530円660円~2,750円 1,100円/1,650円2,310円~7,700円 4,700円~10,400円 5,280円~16,280円
初期費用5,500円5,500円3,850円5,500円
+保証金5,000円
0円0円5,500円5,500円10,780円
登記
プランによる

プランによる

プランによる

プランによる

プランによる
郵便転送
プランによる

プランによる

プランによる
登記住所道玄坂浜松町、北青山、銀座、日本橋室町、神宮前、恵比寿西、西新宿新宿、日本橋兜町、赤羽渋谷、銀座道玄坂、恵比寿西、西新宿、銀座、南青山、下目黒、神田和泉町目黒南青山、銀座、神宮前、日本橋
渋谷、虎ノ門、西新宿、東池袋
秋葉原、水道橋、銀座、日本橋
六本木、浜松町、表参道、その他都内21か所
南青山、六本木、虎ノ門、麻布十番
恵比寿、新宿、銀座、他
電話転送×
月2,200円

プランによる
月2,200円

月2,200円
×
月2,800円

プランによる

プランによる

プランによる
電話代行×
月4,400円

要相談

AI秘書:月1,650円
×
月3,800円

プランによる

プランによる

プランによる
FAX×
月550円

プランによる
月1,080円
××
月3,300円

月1,650円
×
プランによる
貸会議室
1時間1,100円

1時間1,100円

1時間1,100円~4,400円
×××
30分250円

1時間1,100円

1時間1,100円
公式HPHPHPHPHPHPHPHPHP

人気の
東京バーチャルオフィス一覧

1位 バーチャルオフィス1

今回紹介する法人登記ができるバーチャルオフィスの中で月額料金が最も安いのがバーチャルオフィス1です。

電話転送や秘書代行などのサービスはありませんが、月額880円で基本的なサービスが利用可能です。

法人登記に絞って利用する方で、コストを重視するなら選ぶ価値ありです。

法人設立を助ける司法書士や税理士の紹介や提携するネット銀行もありますので、スタートアップにもおすすめです。

プラン プラン名なし:880円~
登記 可能
郵便転送 週1
送料は別途必要
登記住所 渋谷区道玄坂
電話転送 なし
電話代行 なし
FAX なし
貸会議室 1時間1,100円
初期費用 入会金:5,500円
バーチャルオフィス1
の詳細を見る

2位 レゾナンス

レゾナンスは個人事業主や小規模法人に最適なバーチャルオフィスです。充実したサービスと東京の超一等地で住所登記が可能です。しかも月額990円~と超格安です。

総合力で選ぶなら「レゾナンス」。バーチャルオフィスのサービスが満載でおすすめです。

  • 最安プランは月額550円~(税込)
  • 都内・横浜の9つの一等地で法人登記
  • 郵便物は週1回転送可能(写真通知が無料)
  • 4つの銀行を紹介できる(法人口座開設)
  • 法人設立もサポート(スマホで簡単書類作成)

今ならお得なキャンペーンも実施中です!

  • すべてのコースが月額料金3ヶ月間無料
  • 他社から乗り換えは入会金が0円

レゾナンスは顧客満足度98.2%です。安心・納得のバーチャルオフィスサービスです。

プラン ネットショップ住所貸しプランR-INNOVATION:550円
バーチャルオフィスコース 月1回転送プラン:990円
バーチャルオフィスコース 週1回転送プラン:1,650円
登記 バーチャルオフィスコースのみ
郵便転送 週1 OR 月1
送料実費
登記住所 浜松町2丁目、北青山1丁目、銀座1丁目、日本橋室町1丁目、神宮前6丁目、恵比寿西2丁目、西新宿3丁目
電話転送 月2,200円
電話代行 月4,400円
FAX 月550円
貸会議室 1時間1,100円
初期費用 入会金:5,500円
レゾナンス
の詳細を見る

3位 METSバーチャルオフィス

METSバーチャルオフィス自社ビルを使った直営による運用をおこなっています。

そのため、国内最安レベルで法人登記や住所利用が可能になります。

プランによって料金やサービスを選ぶことができ、手厚い会社設立サポートや銀行口座開設サポートなど各種ビジネスの推進を後押ししてくれます。

契約時の審査は厳正に行っているため、悪質業者が利用して住所にマイナスイメージが付いてしまった、ということがありません。

プラン ライト:270円
ビジネス郵便受取:1,100円
ビジネス月1転送コミ:1,375円
ビジネスプラス郵便受取:1,430円
ビジネスプラス月1転送コミ:1,540円
登記 ビジネスプラスのみ
郵便転送 有料
月1転送コミなら月1回は無料
ライトは不可
登記住所 新宿1丁目、新宿5丁目、日本橋兜町、赤羽
電話転送 初期費用2,200円+月2,200円
ライトは不可
電話代行 要相談
ライトは不可
FAX 月1,080円
ライトは不可
貸会議室 1時間1,100円~4,400円
ライトは赤羽拠点のみ
初期費用 入会金+手数料:3,850円
METSバーチャルオフィス
の詳細を見る

4位 DMMバーチャルオフィス

DMMバーチャルオフィスは、様々なサービス事業を展開するDMMグループが運営するバーチャルオフィスです。

業界最安水準の価格と各種特典が用意されており、コストパフォーマンスに優れています。

オフィス物件は大型ビルや築浅オフィスに絞られており、顧客や取引先がGoogleストリートビューで見たとしても、クオリティが高いため、ブランドイメージの面でも安心です。

プラン ネットショップ支援プラン:660円
ライトプラン:1,650円
ビジネスプラン:2,530円
登記 ネットショップ支援プランは不可
郵便転送 ライトプランは不可
送料は別途必要
登記住所 渋谷、銀座(詳細は契約後に開示)
ネットショップ支援プランは渋谷のみ
電話転送 月2,200円
電話代行 AI秘書:月1,650円
FAX なし
貸会議室 なし
初期費用 入会金5,500円+保証金5,000円
DMMバーチャルオフィス
の詳細を見る

5位 GMOオフィスサポート

GMOオフィスサポートでは、150g以内の転送荷物には追加費用が一切かかりません。法人が主に書類を扱う場合、この特典は大変お得になります。

GMOあおぞらネット銀行との情報連携により、口座開設がスムーズに行えます。法人口座開設を考えている人にもオススメです。

今なら新規契約特典を利用すれば3ヶ月分の利用料が無料になり、月1転送プランなら4,950円引きで実質的な月額は1,237円になります。

プラン 転送なしプラン:660円
月1転送プラン:1,650円
隔週転送プラン:2,200円
週1転送プラン:2,750円
登記 転送なしプランは不可
送料は別途必要
郵便転送 転送なしプランは不可
送料は重量による
登記住所 道玄坂1丁目、恵比寿西2丁目、西新宿3丁目、銀座1丁目、南青山3丁目、下目黒1丁目、神田和泉町1番地
電話転送 なし
電話代行 なし
FAX なし
貸会議室 なし
初期費用 なし
GMOオフィスサポート
の詳細を見る

6位 NAWABARI

NAWABARIでは契約者共用の電話番号が利用可能で、月30件までは留守番電話を無料で転送してくれます。(31件以降は100円/件)
電話は滅多にかかってこないけどビジネスとして番号が必要だという人にオススメです。

さらに屋号の追加は最大10個まで無料でご利用いただけます。複数事業を展開予定の人には最適なサービスです。

プラン ネットショップ運営プラン:1,100円
ビジネスプラン:1,650円
登記 ビジネスプランのみ
郵便転送 週1
送料実費
登記住所 目黒
電話転送 月2,800円 (月額相当の初期費用必要。年契約なら2割引)
電話代行 月3,800円 (月額相当の初期費用必要。年契約なら2割引)
FAX 月3,300円 (月額相当の初期費用必要。年契約なら2割引)
貸会議室 なし
初期費用 なし
NAWABARI
の詳細を見る

7位 ユナイテッドオフィス

東京都内14箇所でバーチャルオフィスが利用できる、運営実績20年の信頼できる事業者です。

テレⅠプランを1年契約すると会社設立サポートを受けられ、自分でやるよりも約34,500円お得になります。申請書類作成から申請手続きを5,500円してくれますので、会社設立の手間を大幅に軽減できます。

他にも海外発送サービスがあり、海外在住の方や転勤予定の人にもおすすめです。

プラン メールボックスプラン:2,310円
メールボックス通知プラン:3,100円
テレボックスⅠ専用電話付きプラン:4,400円
テレボックスⅡ(電話秘書)プラン:7,700円
登記 可能
郵便転送 週1
送料実費
登記住所 南青山2丁目、銀座7丁目、銀座6丁目、神宮前6丁目、日本橋2丁目、渋谷3丁目、虎ノ門1丁目、西新宿7丁目、東池袋
電話転送 テレボックスプランのみ
電話代行 テレボックスⅡ(電話秘書)プランのみ
FAX 月1,650円
貸会議室 30分250円~
初期費用 5,500円
テレボックスプランは保証金10,000円

8位 Karigo

Karigoは東京都内29箇所、全国62箇所の拠点があります。都内には様々なエリアに拠点が用意されていますので、都心一等地から自宅の側まで幅広い選択肢があります。

法人支援に特化した充実のサービスを提供しており、登記代行、書類取得、経営業務サポート、銀行口座の紹介、バックオフィスサービスなど、幅広いサポートが利用可能です。

ビジネス支援を受けたい人にはうってつけのバーチャルオフィスと言えるでしょう。

プラン ホワイトプラン:4,700円~
ブループラン:8,300円~
オレンジプラン:10,400円~
登記 可能
郵便転送 定期配送なし
送料実費
登記住所 秋葉原、水道橋、銀座1丁目、銀座4丁目、日本橋、六本木、浜松町、表参道、赤坂、芝浦田町、新宿、高田馬場、浅草、品川、南品川、目黒、三軒茶屋、自由が丘、桜丘町、渋谷2丁目、千駄々谷、代官山、中野、高円寺、荻窪、池袋、府中、調布、多摩
電話転送 ブループランのみ
電話代行 オレンジプランのみ
FAX なし
貸会議室 1時間1,100円
初期費用 ホワイトプラン:5,500円~
ブルー・オレンジプラン:7,300円~
Karigo
の詳細を見る

9位 ワンストップビジネスセンター

ワンストップビジネスセンターでは東京都内に22店舗、全国を合わせると44店舗を展開しています。そのため、必ずご希望のエリアが見つかるでしょう。

郵便転送はすべての料金プランで送料が0円とお得です。郵便物が多い事業者の方はお得です。起業家を応援する割引プランも用意されており、スタートアップの方には最適です。

また、お申込み時には「安心の返金保証制度」「プラン変更・店舗変更可能」「キャンセル手数料一切なし」という優良なサービスを提供しています。

プラン エコノミープラン:5,280円
ビジネスプラン:9,790円
プレミアムプラン:16,280円
登記 可能
郵便転送 週1
送料実費
登記住所 南青山2丁目、南青山5丁、港区芝4丁目、六本木4丁目、虎ノ門3丁目、麻布十番1丁目、高輪4丁目、桜丘町23、恵比寿1丁目、玉川3丁目、新宿5丁目、高田馬場3丁目、二番町5、銀座7丁目、橋兜町17、神田佐久間町1丁目、飯田橋1丁目、東池袋1丁目、上野6丁目、西五反田1丁目、祥寺本町1丁目、中野5丁目
電話転送 ビジネス・プレミアムプランのみ
電話代行 プレミアムプランのみ
FAX ビジネス・プレミアムプランのみ
貸会議室 1時間1,000円~
初期費用 10,780円
ワンストップビジネスセンター
の詳細を見る

バーチャルオフィス
主なサービス内容

バーチャルオフィスは法人登記や住所レンタルができるだけでなく、ビジネスに便利なサービスを用意してくれています。

事務所を借りたり、オフィスに通勤することなく、自宅や外出先で業務を完結することが可能になります。

法人登記
運営会社が所有する住所に法人登記をすることができます。ご自身で事務所を契約して借りることなく、都心の一等地やお好みのエリアで簡単に法人登記することができます。スタートアップ企業、テレワーク導入企業、マイクロビジネスなど、様々な目的の法人に利用されています。
住所利用
個人事業主、ネットショップ運営・アフィリエイトなどの副業をする個人が住所をレンタルしたいというケースで利用することができます。ホームページや名刺には住所記載が必要ですが、自宅の住所を明かしたくない、都内一等地の住所を記載して信用を得たいというニーズが増えています。
郵便転送
法人登記や住所登録をすると、公的機関・金融機関・取引先などから郵便物がバーチャルオフィスに届きます。それらの郵便物を指定した住所に転送してもらえるサービスです。郵便物が届いたらメールで知らせてくれるのでとても便利です。郵便物を無料で転送してくれる会社もあれば有料転送の会社もあり、それぞれ料金は異なります。
電話転送
固定電話番号を借りれるサービスです。その番号に電話が掛かってきたら指定した携帯電話などに転送してくれます。ご自身で新しく固定電話を契約する必要はありませんので、手続きの手間が不要になり、コストも削減できます。
電話秘書代行
固定電話番号を借りて、さらに入電時の電話受付代行も任せるサービスです。電話オペーレーターが契約社名を名乗り、用件を聞いて電話応対までおこなってくれます。入電後は、相手先・担当者・用件・連絡先など、すぐにメールで知らせてくれるので安心です。
貸し会議室
運営会社が保有する貸し会議室を割安で利用することができるサービスです。商談、面談、社内ミーティングなど様々なビジネス用途で活用できます。

バーチャルオフィス選びのポイント

バーチャルオフィスは、料金の安さや立地だけで選ぶのではなく、ご自身の仕事の目的や用途に応じて選ぶのがコツです。

人気のエリアで登記すること
法人運営やサービスを展開する場合、運営者の住所は信頼性やブランド価値を高めるために重要になります。
東京都内の一等地が住所ならば信頼感・安心感を得ることができるでしょう。銀座、渋谷、新宿、日本橋など、東京の人気ビジネスエリアなら尚更です。
自宅から近いエリアで登記すること
法人登記するなら契約者のご自宅から比較的近いエリアが良いでしょう。登記場所を管轄する税務署、法務局などに足を運ぶケースも少なからずあるからです。
ご自宅から1時間以内の距離を目安に登記する住所を選ぶのがおすすめです。
忙しい人には秘書代行は必須
「取引先が多い」「外出が多い」といったように、忙しい方は秘書代行の契約は必須です。
取引先やお客さんからの電話に出られなくても、専属オペレーターがあなたに代わって対応してくれます。
あらかじめ電話対応マニュアルを伝えておけば、それに沿って対応をしてくれますので安心して電話対応を任せることができます。
郵便物が多いなら
転送料が安いバーチャルオフィスがお得
郵便物の転送料は運営会社によって異なります。
毎月たくさんの郵便物が届くような法人・個人事業主の方なら、当然ながら転送料が安いバーチャルオフィスが圧倒的にお得です。

総合力で選ぶなら
レゾナンス

レゾナンスは個人事業主や小規模法人に最適なバーチャルオフィスです。充実したサービスと東京の超一等地で住所登記が可能です。しかも月額990円~と超格安です。

総合力で選ぶなら「レゾナンス」。バーチャルオフィスのサービスが満載でおすすめです。

  • 最安プランは月額550円~(税込)
  • 都内・横浜の9つの一等地で法人登記
  • 郵便物は週1回転送可能(写真通知が無料)
  • 4つの銀行を紹介できる(法人口座開設)
  • 法人設立もサポート(スマホで簡単書類作成)

今ならお得なキャンペーンも実施中です!

  • すべてのコースが月額料金3ヶ月間無料
  • 他社から乗り換えは入会金が0円

レゾナンスは顧客満足度98.2%です。安心・納得のバーチャルオフィスサービスです。

プラン ネットショップ住所貸しプランR-INNOVATION:550円
バーチャルオフィスコース 月1回転送プラン:990円
バーチャルオフィスコース 週1回転送プラン:1,650円
登記 バーチャルオフィスコースのみ
郵便転送 週1 OR 月1
送料実費
登記住所 浜松町2丁目、北青山1丁目、銀座1丁目、日本橋室町1丁目、神宮前6丁目、恵比寿西2丁目、西新宿3丁目
電話転送 月2,200円
電話代行 月4,400円
FAX 月550円
貸会議室 1時間1,100円
初期費用 入会金:5,500円
レゾナンス
の詳細を見る

バーチャルオフィス Q&A

バーチャルオフィスをこれから利用しようとする方からのよくある質問をまとめました。イメージしていたよりもデメリットやマイナス点が少ないということが分かるのではないでしょうか。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いは何ですか?

バーチャルオフィスは、その事業者が所有する不動産の住所内に法人登記したり、住所を借りることができるサービスです。電話転送・郵便転送などのオフィスサポートサービスも提供しています。実際の仕事は自宅や別の場所でおこないます。

一方でレンタルオフィスは、オフィススペースや会議室などの施設を実際に借りて、そこで仕事をします。

バーチャルオフィスはなぜ安いのですか?

オフィスの1区画を借りるのではなく、オフィスの住所だけを借りるためです。住所というバーチャル空間を企業や個人が共有するためコストを安く抑えることができるのです。

バーチャルオフィスはどんな人におすすめですか?

仕事として住所は必要だが事務所は必要ない人におすすめです。

例えばフルリモートの会社やネットショップ運営者が挙げられます。

バーチャルオフィスの利用者は増えていますか?

テレワークの増加によって、あえて事務所を持たない法人が増えています。また、副業解禁によってネットショップやアフィリエイトなど、自宅以外の住所が必要な人にも多く利用されています。

申し込みには何が必要ですか?

運営会社によって違いますが、顔写真付き・現住所記載の身分証明書、公共料金明細書があれば申込みができます。

申込み後はいつから利用できますか?

運営会社や利用するサービスにもよりますが、登記利用・住所貸しなら即日利用できるところもあります。

バーチャルオフィスでも法人口座は開設できますか?

メガバンクは法人口座をつくる難易度が高い傾向にあります。銀行口座開設をサポートするバーチャルオフィスもありますので聞いてみましょう。

ネット銀行であれば比較的簡単に開設できます。特にGMOあおぞらネット銀行は振込手数料も安いのでおすすめです。

郵便物は何でも転送してくれますか?

一般郵便、簡易書留、宅急便など届いた郵便物は何でも転送してくれます。

ただし転送費用は運営会社によって違いますので確認が必要です。

地方に住んでいますが東京や首都圏のバーチャルオフィスに登記や住所借りはできますか?

地方にお住まいでも東京で法人登記は可能です。住所を借りるのも問題ありません。

支払い方法にはどのようなものがありますか?

クレジットカード払いの会社が多いです。銀行振込やPayPal対応の会社もあります。

バーチャルオフィスにデメリットはありますか?

リアルな事務所を持たない企業に比べて信用度は落ちるかもしれません。金融機関からの借入れの審査が難しくなるケースもあります。

その点はデメリットと言えますが、事務所費用にコストをかけたくない法人、自宅住所を知られたくない事業者にとってはメリットのほうが大と言えるでしょう。

バーチャルオフィス比較.com